インフォメーション

        補 聴 器 と 眼 鏡 の 専 門 店
                                   since 2015

 20150524192557.jpg

 

20200726112451.jpg

当店では、常に換気を行い、検査に使用する器具等は除菌・消毒をしています。また ドアノブやテーブル等の手が触れる箇所にも行っております。接客が終わった後の手洗いやうがいを徹底し、お客様の安心・安全のために努力をしております。
お客様との距離を取るようにしています。

新型コロナウイルス感染第二波を警戒し、しばらくの間

営業時間を 9:30~18:00 とさせて頂きます。  

           

公益財団法人 テクノエイド協会公認

認定補聴器専門店「補聴器・眼鏡工房よしの」

大切な補聴器選びは信頼の
認定補聴器技能者がいる認定補聴器専門店」です。

 

  20170331173007.jpg

安心をお届けするマークです。

このたび厳しい審査を経て『認定補聴器専門店』登録されました。

京都府内では24店舗  洛西地域では当店が初めての認定店になります。

  日本補聴器技能者協会

補聴器技能者のいるお店

 
 
  20170409113758.png
認定眼鏡士のいるお店

確かな知識と技術で、最適・快適のメガネをご提供する。

それがメガネのスペシャリスト「認定眼鏡士」です。 

 

10月の休み
7日(水)・8日(木)・14日(水)・15日(木)・21日(水)・28日(水)

 

         

 

   20160515121343.JPG

小さな店舗ですが、補聴器とのつきあい方、

眼鏡の楽しみ方がぎっちりと詰まっております。

どういうこと?というと・・・

店主 吉野 泰清(よしの やすきよ)は、24歳から補聴器、眼鏡の販売や調整を続けて34年になります。大阪で兄と営んでいた眼鏡店では、大阪府内の総合病院、耳鼻科クリニックで色々な補聴器の調整をしてきました。

そして平成27年5月に独立しました。

 

30年以上補聴器販売に携わっている認定補聴器技能者です。 

その腕と経験で、現在大阪市北区にある眼鏡専門学校の「補聴器」の講師をしています。

 

 20170409112835.jpg

自慢の補聴器工房のようす。

お客様に耳の状態をご理解いただくためのシカケがいっぱい。 

聞こえの測定、試聴の結果から聞こえの効果が期待できる
補聴器をできる限りご予算内でお選びします。

 

補聴器 2週間の試聴貸出 (無料) をおこなっています。

 

いっぽう メガネでも

夫婦ともSS級認定眼鏡士の資格も併せ持っています。
お客様のご要望をじっくりとお聞きし、ゆっくり時間をかけて視力測定を行い、最適なメガネのご提案をいたします。

 

妻(紀子:のりこ)は、米国で「オプチカル・カラー・アナリスト」の資格を取得した、メガネファッションと色彩の専門家であり、同じく眼鏡専門学校で「眼鏡ファッション」の授業を受け持っています。

     

メガネは大切なお顔にのせるものですから慎重にお選びします。お客様のお顔を造形学の観点から・その方のもつ色素から『似合うメガネ選び・カラー選び』のお手伝いをします。

20190915172239.JPG

30年鍛えた腕で、お客様にはきっとご満足いただけるよう努めます。

「この町の専門店」として、地域に溶け込んで

「無くてはならない店」と言っていただけるよう、

たのしみながら日々がんばっています

 

 
            20191123145218.jpg

      株式会社カムロ

 

 

 20160920134234.jpg          

 

20191018153625.jpg

                           VioRou

 

 

 

20200929141617.JPG

                   FLEA

 

 

 

20191026114339.png

20191026114310.jpg

           レチルド

 

 

20201018133529.jpg

 20201018133530.jpg

 

 

 
    20160503130011.jpg   20190207114404.jpg

 20200329131631.jpg

 

 

当店おすすめの 老眼対策レンズ

20190504165142.jpg センチュリーAI シリーズ

                20190504130343.jpg

センチュリーAIレンズ詳細

 

一年を通してご使用いただける、おすすめのレンズ

紫外線で色の濃さが変わる調光レンズ

20191101182242.jpg 20191101182254.jpg

20190504165142.jpg20191101182218.jpg 

トランジションズレンズについて

プロモーションビデオ(スキージャンプ選手 葛西紀明さん・小林陵侑さん)

◆インタビュー 葛西紀明さんに聞く

◆レンズについての感想 葛西紀明さんに聞く 小林陵侑さんに聞く

紫外線 ・ ブルーライト ・ 眩しさ の トリプルカットで

どんな場所でも快適な見え心地

                

 

日々のできごと 

エントリー

2020年05月の記事は以下のとおりです。

紫外線&ブルーライトを含む光をカット

20190504165142.jpg レンズメーカー ニコンからブルーライトカットレンズがバージョンアップ。

 

スマートフォンやパソコンを見る時間が長くなった現代、

心配なのがブルーライトの影響です。

テレビやパソコンなどの液晶画面や生活に必要な太陽光にも含まれる

ブルーライトの光はちらつきをおこし、眼精疲労などの原因にもなります。

従来のブルーライトカットレンズは薄いブラウンカラーがコーティングが

されていたので少し暗さがありましたが、

新しくなった ピュアブルーUVレンズは無色レンズ同等のクリアさを実現。

 

20200529131752.jpg

 

光ストレスフィルターが 日常の光ストレス「紫外線&ブルーライト」をカット

 20200529131751.jpg

 

どれくらいの効果があるかを一般のUVカットレンズと ピュアブルーUVレンズで比較。

420ナノメートルの紫外線を発光するUVポインターで

紫外線で着色する調光板に照射。

 

● 一般のレンズ

20200529152421.JPG

 

UVポインターで照射した短波長の光はレンズを透過し調光板は着色しました。

20200529152422.JPG     20200529152440.JPG

 

 

●ピュアブルーUVレンズ 

20200529152318.JPG

 

UVポインターで照射した短波長の光はレンズでカットされているので着色しません。

20200529152349.JPG        20200529152317.JPG

 

目の安全、安心のためにお勧めします。

補聴器 マスクを着けるから

  • 2020/05/26 12:47
  • カテゴリー:補聴器

新型コロナウィルスの影響によりマスクを着けることが習慣になりました。

補聴器を作りに来られたお客様は、

メガネを掛けてマスクも着ける、さらに補聴器を着けると、

耳に負担がかかり着けはずしにも手間がかかるとのことです。

 

耳かけ型 補聴器

20200526130642.jpg

 

 

そういった意味では、耳あな型補聴器は

耳に掛からないので負担も少なく、

お客様の耳穴に合わせて作るオーダーメイドですから

着けるときもスッと入れやすいです。

20200526130614.jpg

 

20200526130613.png

まずは耳かけ型補聴器を試していただき 

聞こえの効果を見極めたうえで、

耳あな型あるいは耳かけ型の選択をしていただきます。

 

飛沫感染防止シールド

新型コロナウィルスの緊急事態宣言が解除されましたが、

まだ 終息したわけではありませんので、『 新しい生活様式 』を取り入れながら

感染防止対策を引き続きおこなっていきます。

 

そこで

視力測定をする際、お客様とのキョリがなかなか取れない中

視力測定機器メーカーから ” 飛沫感染防止シールド ” を購入して設置しました。

 

20200524125103.JPG

 

 20200524125104.JPG

 

お客様がマスクをして検眼機に顔を添えるとレンズがくもります。

その時にマスクをはずしますので、飛沫防止策にもなります。

 

そして メガネや補聴器などで、どうしても近いキョリになる場合は

フェイスシールドを着けます。

 

20200524125030.JPG

Nikon リモート セミナー

先日 レンズメーカー Nikon のリモートセミナーが開催されました。

 

20200522122348.JPG

 

新型コロナウィルスの影響で、リモートが当たり前になりつつあります。

私も ”リモートワーク” や ”ZOOM” など、今回のことで初めて取り組みました。

補聴器メーカーやメガネレンズメーカーなど頻繁にリモートセミナーを

開催しているので情報が早く伝わり、

今までのように会場に出向かなくてもいいので便利です。

 

セミナー内容は、

眼鏡店におけるコロナ対策 実務編 ①・②

30分のセミナー後 質疑応答

20200522122349.JPG

 

20200522152850.JPG

 

 20200522122503.JPG

 

20200522122426.JPG

 

コロナ対策の参考になり、また 当店で足りないところは補足するようにします。

 

 

その後

質問はチャットで文章を入力して送信、ZOOMで返答されるので、

セミナー会場で受講しているようなリアル感です。

 20200522122427.JPG

 

20200522122502.JPG

 

これからの " 新しい生活様式 " になっていくでしょう。

補聴器 リモートコントロールで新たな取り組み

  • 2020/05/16 15:26
  • カテゴリー:補聴器

新型コロナウイルスの影響で対面での接客が難しくなる中、

補聴器を購入されたお客様は、店を幾度も訪問することなく、

インターネットを介した遠隔操作により、調整を受けることが可能になるという

新しい取り組みが期待されます。

昨日

そのリモートケアのロープレを補聴器メーカー オーティコンの営業さんと行いました。

 

20200516152926.JPG

 

 

遠隔サポート機能を使えば、お店に行くことなく、再調整のサポートを受けられます。

 

20200516154318.jpg

 

補聴器メーカー オーティコンホームページより

■背景

補聴器は購入後すぐに快適に使用できる機器ではなく、ユーザー本人の聴力や好みに

合わせ、慣れるまでに専門家の手により複数回にわたる調整が必要になります。

そのため、一般的に購入後も、数週間から数か月にわたり定期的に購入した店舗を訪れ

カウンセリングを受けながら細かい調整を行います。しかしながら、この新たなサービ

スを導入することで、補聴器ユーザーは自宅や、好きな場所から、Wi-Fi接続など

インターネットを介して販売店のPC(パソコン)と接続し、ビデオチャットでお互いの

顔を見ながら、カウンセリングと補聴器の調整を受けることが可能となります。

これは店舗から離れた場所に居住している場合や、移動が困難なユーザーにとっては、

かなり大きな利点となります。

これまで、オーティコンではこのサービスの運用開始時期として、2020年後半を目途に

準備を進めていました。しかしながら、新型コロナウイルスの影響により、調整や相談

が必要であっても、店舗まで足を運ぶことに不安を抱えている補聴器ユーザーが多い

こと、またユーザーの聞こえを改善したいと思っていても、対面での接客が難しい販売

店が急増している現状を鑑み、運用開始時期を前倒しすることになりました。

  

■本サービスの特徴とメリット

補聴器販売店の店舗で行われている従来の補聴器の調整は、

音環境が整備されているため、調整のしやすさと言う意味でメリットはありました。

一方で、ユーザーが具体的に困っている職場や家庭の音環境の再現が難しい、

という点が課題となっていました。

リモートケアを使用することで、安定したインターネット環境さえあれば、

ユーザーは日ごろ自分が聞き取りを苦手としている環境に 身を置きながら、

専門家による調整を受けることができます。そのため、より具体的なニーズに対応した

調整を受けることが可能になります。

2005年に海外で行われた調査によると、遠隔医療の利用が、治療に対するユーザー

の満足度を上げる、という結果も報告されています。

 

■サービス概要

リモートケアはiPhone®/Androidに対応したスマートフォンアプリです。

ユーザーの皆様は無料のアプリをダウンロードし、プロファイルを設定すれば簡単に

利用することができます。このアプリを使用し、補聴器を購入した店舗の調整用PCと

インターネット接続を行い、ビデオチャットおよびテキストを使って、店舗の専門家に

よるカウンセリング、遠隔での調整を受けることができます。補聴器ユーザーと補聴器

販売店の間のやりとりは、匿名化された上で、セキュリティの確かなクラウドを経由し

て行われ、個人情報などが第三者の手に渡ることはありません。

 

※ リモートケア対応の補聴器になります。

※ 当店でお作りいただいたお客様への対応となります。

補聴器 テレビの声が聞き取りやすくなるツール

  • 2020/05/12 11:06
  • カテゴリー:補聴器

テレビは難聴者にとって聞きとりにくいです。

補聴器を着けたからといって、良く聞こえるかと言うと難しい面があります。 

補聴器は本来 人間の声を捉える目的ですから、

テレビの音は機械音で、さらに補聴器で音を拾い機械的に処理されるので

なおさら聞き取りにくいです。

 

20200512142346.jpg

 

もうひとつ聞きにくくしているのが、

今のテレビのスピーカーが後ろ付けですから、

壁に反射し反響させて臨場感が出るようにしています。

壁に反射して届く音と、そのまま届く音が2重に耳に届きズレが生じます。

また 邪魔する音がある場合は人の声が聞きにくいです。

 

そのようなテレビの声を聞き取りやすくしてくれるツールがあります。

 

20200512142246.JPG

                                                                                ¥30,800 (税込)

 

オーティコンTVアダプターをテレビに繫げるだけで、

補聴器がワイヤレスステレオヘッドホンのように機能しテレビが明瞭に聞こえます。

当店でデモ機がありますのでお試しください。

 

ただし、補聴器やテレビの 機種により繋げられない場合もあります。

ステイホームが長引くので

ステイホームが続く中、

仕事がテレワークになり、パソコンを見る時間が増えた、

習い事をされていた教室が閉鎖になり、読書やテレビを見る機会が増えた など、

皆さんが言われるのには『 目が疲れやすくなった 』とのことです。

少しでも目を楽にしたいのでメガネを作りに来られます。

 

今回も手元用メガネを作りに来られましたが、

視力測定したら遠方視力もあまり見えていないので、

遠近両用の手元広々タイプ ウオークを提案させていただきました。

 

遠近・中間重視 ウォーク

20180413104434.jpg 20200510152931.png

 

 

 従来設計の 遠近タイプ は遠方重視 アクティブ

20180413103836.jpg  20200510153154.png

 

 

見え方の比較

ピンクは遠方の見える範囲、ブルーが近用の見える幅です。

     アクティブ                  ウォーク 

20200510153155.jpg      20200510153056.jpg

 

  

遠近両用レンズにも2タイプありますので、当店で体験してください。

テレワークでメガネを2本

仕事でパソコンをされているので、目が疲れるからと

以前にメガネを作くられて職場に置いているそうです。

今回

テレワークも多くなってきたので、自宅用にもと

同じ度数でブルーライトカット付きのメガネを作られました。

 

20200508121931.JPG

 

今の社会は在宅勤務が増え、長時間パソコン作業をするため

目に負担がかかってきます。

それを楽にしてくれるアイテムのひとつがメガネです。

 

使用目的や目的キョリによって、度数の合わせ方が違ってきますのでご相談ください。

遠方用と手元用メガネを分けて使う

手元用のメガネを作りに眼科の処方箋を持って来られ、

手元用だけ記入された処方箋度数の確認をしてもらう中、

普段 裸眼ではテレビや遠くも見づらいと言われたので、

お店で再測定することになりました。

 

遠方度数も試してもらい良く見えたので、遠近両用メガネを希望されましたが、

今まで手元用メガネしか使っていない、遠近両用の経験が無い、

高年齢のため足元も危ないと判断し、遠方と近用分けて作られることになりました。

 

20200505112350.JPG

 

遠方用メガネは

明るいボルドー系のシルエットのフレームを気に入っていただきました。 

メガネ柄 手作りマスク

友達からの贈り物。

手作り メガネ柄マスク。

つけ心地も柔らかく気持ちいいです!

20200502144116.JPG

20200502144139.JPG

20200502144156.JPG

 

メガネとマスクを着けるとメイクいらずです!!

20200502144117.JPG

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

新着画像

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

Feed