インフォメーション

 

                        補 聴 器 と 眼 鏡 の 専 門 店
                                   since 2015

   20150524192557.jpg

             

公益財団法人 テクノエイド協会公認

認定補聴器専門店「補聴器・眼鏡工房よしの」

大切な補聴器選びは信頼の
認定補聴器技能者がいる認定補聴器専門店」です。

 

  20170331173007.jpg

安心をお届けするマークです。

このたび厳しい審査を経て『認定補聴器専門店』登録されました。

京都府内では24店舗  洛西地域では当店が初めての認定店になります。

  日本補聴器技能者協会

補聴器技能者のいるお店

 
 
  20170409113758.png
認定眼鏡士のいるお店

確かな知識と技術で、最適・快適のメガネをご提供する。

それがメガネのスペシャリスト「認定眼鏡士」です。                                                          

9月 定休日

  4日(水)・11日(水)・12日(木)・18日(水)・19日(木)・25日(水)

 
 20190504174140.jpg  20190504181916.jpg

  20160515121343.JPG

小さな店舗ですが、補聴器とのつきあい方、

眼鏡の楽しみ方がぎっちりと詰まっております。

どういうこと?というと・・・

店主 吉野 泰清(よしの やすきよ)は、24歳から補聴器、眼鏡の販売や調整を続けて32年になります。大阪で兄と営んでいた眼鏡店では、大阪府内の総合病院、耳鼻科クリニックで色々な補聴器の調整をしてきました。

そして平成27年5月に独立しました。

 

30年以上補聴器販売に携わっている認定補聴器技能者です。 

その腕と経験で、現在大阪吹田にある眼鏡専門学校の「補聴器」の講師をしています。

 

 20170409112835.jpg

自慢の補聴器工房のようす。

お客様に耳の状態をご理解いただくためのシカケがいっぱい。 

聞こえの測定、試聴の結果から聞こえの効果が期待できる
補聴器をできる限りご予算内でお選びします。

 

補聴器 2週間の試聴貸出 (無料) をおこなっています。

 

いっぽう メガネでも

二人ともSS級認定眼鏡士の資格も併せ持っています。
お客様のご要望をじっくりとお聞きし、ゆっくり時間をかけて視力測定を行い、最適なメガネのご提案をいたします。

 

妻(紀子:のりこ)は、米国で「オプチカル・カラー・アナリスト」の資格を取得した、メガネファッションと色彩の専門家であり、同じく眼鏡専門学校で「眼鏡ファッション」の授業を受け持っています。

     

メガネは大切なお顔にのせるものですから慎重にお選びします。お客様のお顔を造形学の観点から・その方のもつ色素から『似合うメガネ選び・カラー選び』のお手伝いをします。

20190915172239.JPG

30年鍛えた腕で、お客様にはきっとご満足いただけるよう努めます。

「この町の専門店」として、一日も早く地域に溶け込んで

「無くてはならない店」と言っていただけるよう、

しみながら日々がんばっています

 

 

 

 
            20170217125310.jpg

      株式会社カムロ

 

 

 20160920134234.jpg          

20190207114756.jpg

                                                        VioRou

 

 

20170527130227.jpg

20180519130253.jpg

                   FLEA

 

 20190905165926.jpg

 
 
    20160503130011.jpg   20190207114404.jpg

 

当店おすすめの 老眼対策レンズ

20190504165142.jpg センチュリーAI シリーズ

                20190504130343.jpg

詳しくは 

20190504170929.jpg

 

 

                   

日々のできごと 

エントリー

2016年10月の記事は以下のとおりです。

補聴器を削って閉塞感をおさえる

  • 2016/10/31 15:59
  • カテゴリー:補聴器

補聴器をお作りになられて2回目の調整にこられました。

 

FullSizeR8.jpg

 

最初のころは耳に上手く入れることが出来なかったり

入っているかが不安で押しすぎて痛くなったこともあったそうです。


今では上手く使いこなされています。

ただ ”自分の声がこもる” とのことです。

 

少し先を削り閉塞感が治まるようにしました。

あまり削り過ぎると今度は音が漏れて聞こえが悪くなります。

そのさじ加減が難しいですが、長年の経験で判断します。

 

IMG_0598.jpg

紙やすりで削ります。

 

削った後、バフでつやをだします。

IMG_0600.jpg

 

これでお客様に補聴器をつけていただくと

「前より自分の声が気にならない」とのことです。

メガネでイメージチェンジ

メガネを買い換えられるタイミングは

見にくくなってきた

フレームが壊れた

レンズにキズが入ったり、コーティングがはがれてきた

などの理由でメガネをお作りに来られます。

 

今回のお客様も

”度数が合ってないみたいで見にくい”

また別のお客様は

”白内障の手術をされて今のメガネの度数が合わない”

とのことでご来店いただきました。

 

良く見えると言うのが第一の目的ですが

おしゃれなお客様ですから

フレームにもこだわりをもっておられます。

 

お客様のお顔に合ったメガネや

お洋服のイメージ・色などを聞かせていただきながら

フレームをご一緒に選ばさせていただきました。

 

今までとは違う雰囲気のメガネをお作りいただきました。

 

IMG_0552.jpg

KAMURO

 

IMG_0550.jpg

HAMAMOTO

片方の耳に補聴器をつける

  • 2016/10/23 11:44

補聴器の装用は両耳につけていただくのが理想ですが

「はじめてなので片耳から」とおっしゃる方もおられます。


両方の耳を測定し

片方の耳につけるのであれば

聞こえ方が少しでも良いのと

言葉の明瞭度が良い方の耳につけます。

 

「悪い方の耳ではないの?」っと思われがちですが

良い方につけることで

・補聴器の音量が小さく済むので耳に負担がかかりにくい。

・音量が小さいので雑音が気になりにくい。

 

IMG_0547.jpg

 

しかし例外もあります。

今回お貸し出ししているお客様は

両耳に大きな聞こえの差は無く、言葉の明瞭度が少し良い右耳に

補聴器を試していただいてました。

 

お貸し出しの間に自分の声が響くとのことで調整に来られました。

念のため反対の左耳で試していただくと

右耳ほども響かず楽なご様子。

 

それでまたしばらく試していただくことになりました。

 

片耳装用の場合

左右のどちらに装用するかは慎重を期します。

マニッシュなフレーム

” Putriフレーム”

マニッシュなかっこいいフレームです。

 

ブローラインがはっきりしているので

きりっとしたイメージになります。

 

今年のスタイルは

『気取らずに、どうおしゃれを楽しむか』

    エフォートレス

今まできっちり着こなしていた服をあえてゆるくする。

 

そんなトレンドファッションに

あえてシャープなフレームをかけこなせたら

おとなのおしゃれですね。

 プラス 今年も流行のつばさ広めの帽子を

かぶるとメガネとのバランスもいいです。

IMG_04483.jpg

補聴器の使用環境

  • 2016/10/14 16:49
  • カテゴリー:補聴器

お客様の耳の聞こえを測定してから

その聴力に合わせて補聴器を調整をし

体験していただくために

2週間の補聴器の貸し出しをしています。

 

貸し出し中

何時間ご使用されていたか

どのような音環境でご使用されていたかを補聴器が覚えています。

(下のグラフ)

20161014171149.JPG

 

お客様モニターを見ながらご説明し補聴器の微調整をしていきます。

ご納得をいただいたうえで補聴器をお作りします。

IMG_0438.jpg

 

 今回のお客様は片方の耳に耳穴式補聴器をつけられます。

耳型を2個とります。

なぜ耳型を2個とるか・・・

1つの耳型で補聴器を作製して

もう一つの耳型と比較して、くるいがないかを確認するためです。

ですから

お客様の耳型を安全に正しくとるために確かな技術と経験が必要です。

 

IMG_0433.jpg

 

耳かけ式補聴器のイヤチップでは不十分

  • 2016/10/11 14:18
  • カテゴリー:補聴器

他店で耳かけ式補聴器をお買い上げのお客様は

既製耳栓の使用が多いです。

 

20151212142541.JPG

 

自分の耳にピッタリ合わない既製耳栓は、

音漏れと自声のこもりを大きくいてしまいます。

また

耳栓が自然と抜けてくるので

耳から落とすこともあります。

 

今回のお客様も他店購入で聞こえの調整に来られました。

耳栓が既製品のため

差し込み方によって聞こえが変わるとのことです。

 

補聴器の調整を行い

そして

イヤモールド(特注の耳型耳栓)を説明し

お作りいただきました。

20151212142540.JPG

20151212145611.jpg

このように耳にしっかり収まり音もれもなくなります。

聞こえ方のレベルにもよりますが

こもり感がある場合はイヤモールドに穴を開けて空気抜きをします。


イヤモールド作成 9000円(非課税) 

 

メガネには魅力的な要素がいっぱい 最新チラシ

20161008143930.jpg

 

20161008143929.jpg

 

Putri 新作フレーム

Putriのフレームといえば

お花をモチーフにしたカラフルな配色のイメージですが

今回のセルフレームはごくシンプルです。

 

IMG_0393.jpg

 

丸くなりすぎずオーバルでもないラウンド型です。

 

今までスクエア型のメガネをかけていた方が

今度は丸いメガネをかけてイメージを変えたいと

思われている方にもおすすめです。

 

丸いめがねはポップなイメージになりがちですが

このPutriのフレームは

目尻の部分がやや上がっているので目元は引き締まります。

 

 

デミ・レッド・ネイビーの3色です。 

IMG_0396.jpg

\21000 (税別)

そろそろ補聴器

  • 2016/10/02 14:22

数年前に聞こえにくくなってきたので

耳鼻科で検査をしてもらい

補聴器の効果を試したりしたが

その時は補聴器をつけてもあまり変わらなかったので

そのままにされていたそうです。

 

そして現在、聞き返すことが多くなってきた

人との会話がしにくい

テレビのボリュームが大きいなどで

家族から補聴器をつけたほうがいいのではないかと言われて

ご相談に来られる方もおられます。

 

やはり人との会話が聞き取れなかったら

家族や人に迷惑をかけてしまうので

補聴器を作ろうと思われるみたいです。

 

 

今回も測定をし、試し聞きをしていただき

生活で聞こえにくかったタイマーの音なども聞いてもらいました。

そして補聴器のお貸し出しを2週間させていただきます。

 

20161002142301.JPG

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着画像

2016年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

Feed